[青蛙亭漢語塾]

青蛙亭漢語塾からのお知らせ


新着情報を中心とした、このサイトのおしらせです。

掲示板運営方針(必読)


twilog
お名前 :
メールアドレス :
題名 :
内容 :
研究室ID :
研究室パスワード :
    再表示  初期表示(最新投稿から30件ずつ)


検索語 :
検索語[] ヒット数6

[3] 自己紹介 投稿者=真理子 掲示日=2011/03/03(木) 08:26:13 コメントする ここから閲覧

 そういえば自己紹介がまだでした。
 青蛙亭主人の家内・真理子と申します。アラフォーばばあです。ていうか今年ちょうど40です。
 語学ヲタ、聖書ヲタで、ばべるばいぶる http://www.babelbible.net/ という聖書サイトをやってます。
 小学校5年生のときに初代PC-9801を使うようになって以来、パソコンのプログラミングも好きです。青蛙亭漢語塾には設立当初からかかわっており、主にCGIを担当してきました。
 主人は、まんどぅーかネット http://www.manduuka.net/ の運営の片手間にこちらの仕事をしていたので、もともとからサイトの更新が遅れておりますが、一昨年末のもらい事故以来キーボードを打つのがつらくなったのと、昨年はいろいろ消化器系疾患を起こして入退院を繰り返していましたので、ここのところはぜんぜん更新していませんでした。
 ただ、せっかく作ったサイトですから、少しずつでも手を加えていったほうがいいと私が励ましまして、なんとかこちらの仕事も再開いたしました。とはいえ私も、自分のサイトを持っておりまして、そちらのほうの仕事もしたいので、相変わらず更新のスピードはゆっくりですが、長い目で見てやってくださいませ。

 私もいろんな言語を勉強してきましたが、主人と知り合ったのは韓国語がらみです。主人が韓国映画の草の根上映会をしていたときに私が会員で、そのときは話をするような関係じゃなかったんですが、主人がその上映会をたたんだ後にばったりソウルで出会い、それからのつきあいです。当時私は、韓国語の漢字音と日本語の字音仮名遣いの関係が気になっていたので、河野六郎の『朝鮮漢字音の研究』を読んでいたのですが、音韻学の用語はまったく歯が立たず、主人にいろいろ教えてもらったのが親しくなるきっかけでした。
 中国語はなんとなくしゃべれる程度ですが、私も自分のサイトには、古風な中国語の聖書や漢文の聖書をあげておりますので、こちらの仕事が私のサイトにも役立つと思い、お手伝いをしていこうと思います。

[2] WEB支那漢、反切・詩韻入門 投稿者=真理子 掲示日=2011/03/02(水) 14:41:35 コメントする ここから閲覧

長らく未完成状態だった、WEB支那漢のヘルプのひとつ「反切・詩韻入門」を主人がやっと書き上げました。あわせて、WEB支那漢の反切(発音表記)の根拠となった『音韻闡微』をすべてPDFで見られます。
http://www.seiwatei.net/chinakan/chinabyn.htm

[1] 掲示板開設のおしらせ 投稿者=真理子 掲示日=2011/03/22(水) 14:27:57 コメントする ここから閲覧

 このサイトには掲示板を作らないというのが、マイ・ダーリンこと青蛙亭主人の方針らしいんですが、まるきり新着情報をお知らせする手段がないというのも困りますので、とりあえず掲示板を設置してみました。いちおう研究員の方なら書き込みが可能ですが、とりあえずは一方通行で、私どものほうから新着情報をおしらせいたします。

より古い投稿